● 音の行方を追う

 

右手も左手も、動きがあって、どこをどう追っていったらいいのか、

指が絡まらないように弾くだけで、精一杯・・・ ?

右手は16分3連符なので、3音ずつ捉えやすい。

と言うより、きっと無意識に「3音ずつ」でしょう。

でもそれを、こんな風に捉えると?

「ファ」「ソファミ」「ファミレ」「ミレド」「レドシ」・・・

メリット二つ!

一つは、「弾きやすい」こと。

もう一つは、「推進力が出る」こと。

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

次に左手です。

全て、8分音符で半音の動きだな〜と思っていると、

ちょっと引っかかってしまいます。

半音の動きなんだ!という所に目がいくのは、良いことですよ。
 ちょっと特別ですからね。

だけど、よく見てね。

「ラーシ♭ーシードー レーレ♭ードーシー」じゃ、ないのよ。

「ラーシ♭ーシードー ファーーーーーー」だよね。

その、2分音符の「ファ」に向かって行くこと、

そして、その「ファ」は伸び続けている事、

それを聴き続ける、行方と追い続ける、

という事が大事。

人はどうしても、次に弾く音の事だけで、

頭がいっぱいになりやすいから、ね。

向かっていく先の音、

伸び行く響きを、聴き届けるように、しましょう。

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン
香港教室*土曜午後限定 月2回コース

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師
香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。