● 重音打鍵の、疲れない方法

 

左手の8分音符の重音三つは、オクターブで、中の二音が変化するだけです。

それでも、オクターブがやっとなの・・・という方だと、とっても大変かもしれません。

でも、動き方は、わかると思います。

中の二音が変化するけれど、三つ目の重音では、元に戻ります。

「行って、帰って来る」形ですね。

打鍵の仕方のお話をする前に、もう一度、思い出してみましょう。

この曲は、何拍子だったかしら?

 何分の何拍子、だったかしら?

わかったかな?

決して、4拍子ではない、という事を覚えておきましょうね。

この点が、頭から離れてしまうと、

8分の4拍子で弾きがちです。そうなりやすいです。

2拍子だ、と思うだけで、ラクになれる糸口をつかめます。

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

では、打鍵の仕方のお話に入りましょう。

画像に、矢印曲線を書き入れている通りです。

一つ目で、手を落とす。ただ、落とす。

そして、二つ目では、手を「上げつつ」打鍵。

三つ目では、手を「上げながら」打鍵。です。

要するに、一つ目で手を落とし、上げながら二つ目・三つ目を打鍵する、

この三つの重音合わせて、一つの動きをします。

落ちて上がるという、上下の「一回転」です。

三つの重音それぞれに、上下運動をするから、疲れるのです。

無駄な動きは省く、エコ奏法を推奨しています♪

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン
香港教室*土曜午後限定 月2回コース

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師
香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。