● 3連符を、弾きやすくする方法

 

昨日の記事は、左手の弾き方についてでしたが、
今日は右手の3連符についてのお話です。

3連符が続いたり、6連符の場合、ちょっとだけ視点を変えるだけで、
グン!と、弾きやすくなりますよ。

とっても簡単な事なので、是非、お試し下さい。

3連符二つで「6音」になりますね。

例えば、画像の右手の始め、3連符だと三音ずつですから、

「ソシレ」「ソミソ」ですね。

これを、このように捉えます。

「ソシ」「レソ」「ミソ」と、

2音ずつ捉えて弾く事です。

そのメリットは・・・

きっとやってみたら、わかるでしょう。

是非、お試し下さいね。

 

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン
香港教室*土曜午後限定 月2回コース

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師
香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。