● アルペジオは、和音化練習で効率を上げる

 

このような、指くぐりなしのアルペジオでの移動は、

それぞれのアルペジオ(分散和音)を、和音化して取る練習をする事をオススメします。

右手は「シソミ」→「ミシソ」→「ソミシ」→「シソミ」。

いずれも「ミソシ」の音しか入っていない、転回形です。

だから、「シソミ」を和音として3音を一度に弾く

移動→「ミシソ」を和音として3音を一度に弾く

移動→「ソミシ」を和音として3音を一度に弾く

移動→「シソミ」を和音として、3音を一度に弾く

という練習です。

「シソミ」を弾いて、移動して、

「ミ」を弾いて、探りながら「シ」を弾いて、

ここか!?と思って「ソ」を弾く、

などという、1音1音、探りに行く弾き方を、止める。

時間の無駄、運動量も多い上に、ミスをする可能性大です。

最小限の動きで、効果的に弾いていきましょう。

左手も、同じことです。

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン
香港教室*土曜午後限定 月2回コース

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師
香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。