● 小さい範囲でも、腕の回転を使う

 

この画像の右手のように、16分音符での動きの中で、
少々音程が離れている場合です

それでも、跳躍する程ではありません。

人によりますが、手を広げる程でもないでしょう。

こんな時は、何も意識しないで弾いてしまうでしょうか?

大した音程差ではなくとも、

「ちょっと離れている」と察知すると、

何故か、肘から、あるいは上半身ごと、

その「ちょっと離れた音」の方へ動いてしまうのも、よくある現象です。

横の動きになるのです。

右側へ行って、戻ってくるという、スライドな動き。

ちょっと待って。

横に行って、その音を「突く」ように弾くの、

思うように音が鳴らなかったり(かすれたり)、

思わず音が出過ぎたり、しませんか?

その不安定さを、払拭しましょう。

腕の回転を使うのです。

6音かけて、1回転です。

1音目の打鍵で、手を落とす。

上げながら第4音へ。

第2音・第3音打鍵の時には、第4音を打鍵する

「5」の指は、その鍵盤に向かって、ストレッチです。

大きくストレッチしようとしなくても、腕が回転していますから、

腕の内側から、肘の内側から広がっていて、

「5」の指は、もうそこ(その鍵盤)にあります。

そして「5」の指の音を打鍵したら、指先から立ち上がり、

その反動力で、第5音・第6音へ、戻ってくるだけです。

無駄のない動きで、

力を溜め込まず、

欲しい音を頂いちゃいましょ♪

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン
香港教室*土曜午後限定 月2回コース

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師
香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。