● フォルテに「力」は、いらない

 

 

この画像では、一番「感じて」欲しいのは、
画像2小節目頭の「16分休符」。

 

ここで息を吸わなきゃね。

 

吸ったらね、ただ腕を落とすだけだよ。

 

 

「・ラファミドー」の始まりが「フォルテ」だからと言って、

力強く、鍵盤に向かっていかなくていい。

その必要は、ない。

 

1音目の「ラ」から頑張っちゃったら、

横の繋がりがなくなっちゃうよ。

1音ずつ、投げてるみたいに、なっちゃう。

 

16分休符を感じて、息を吸って、腕を落とすだけで、十分。

 

 

そして、この最後の和音を弾く時には、

「腕の重さ」を、鍵盤に乗せてあげればいい。

それだけ。

 

決して、叩きに行かないでね。

 

「フォルテ」を弾くのに、「力」は、いらないんだよ。

 

 

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師
香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。