● 方向性と推進力と、拍感を表す方法

 

 

この画像のように、右手は16分音符のジグザグ走行で、

左手は8分音符でスタッカートでジグザグに・・・

という動きが続くと、方向感を失いやすいです。

 

拍感も、分かりにくくなりやすい。

テンポも、安定しにくい。

 

 

それを防ぐには、

・どこへ向かって行くのか?(方向性)

   を理解して、そのために何が必要なのか?

・向かって行く所が拍を刻んでいる(拍感)

   という事を理解して、そこへ向かって行く。

 

すると、推進力が出てきます。

 

 

だけど、走ったりはせず、テンポは安定させてね。

 

画像に湾曲矢印を書き入れた所を、感じる。

矢印が示している音が、「向かい所」です。

 

矢印の書き始めの音に「乗る」。

 そして、矢印が示している音に、向かう。

 

「乗る」→「向かう」をするには、呼吸も必要になります。

 

これを感じるのが難しかったら、

矢印が付いている所を、わざと「レガートで」弾いてみると、

分かりやすいでしょう。

その呼吸で。

 

 

拍感がないと、今、何拍目を弾いているのか
(聴いているのか)

何拍子なのか、わからなくなって、収拾つかなくなりますよ。

 

ご参考までに。

 

 

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師
香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。