● 手の交差で窮屈さを感じる時に使うモノ

 

 

画像の赤丸のところですが、左手は右手の上から高音部の和音を弾きます。

 

手の交差も、音域や広がり方によって、

窮屈さを感じるかどうかは、様々でしょう。

 

この画像の場合、右手は中音域なので、

普通にピアノに向かって座って、

手を鍵盤に乗せたあたり、ですね。

 

だから、右手は違和感がない。

 

上半身は、普通に真正面を向いている状態です。

ところが、左手は、その右手を超えて向こう側へ。

 

この時、右手も高音域へ行くなら、

上半身ごと、向こう側を向いてしまえば良いのだけれど、

それも、ちょっと違う。

 

上半身は、わずかに高音域側に捻るというか、
そちら側を向くのは確かです。

全く動かず真正面に向いているわけでは、ありません。
それは不自然ね。

 

 

じゃ、どうするかと言うとね、

この交差で使うのは、「背筋」です。

背筋を伸ばす。

背筋が伸びてるわ〜! というのを、感じて(想像して)。

 

すると、背筋が伸びる、肩甲骨から肩から、
肘から打鍵する指先までの、

各関節の間が、広がっていく。

 

この時、腕を伸ばそう、などと思わず、

ただ、背筋が伸びる!と思ってみましょう。

 

 

わかる人にはわかる、わからない人にはわからない例えだけど、

漫画「ワンピース」のルフィの手が伸びるような、

そんな感じです。

 

 

こういうパターンを弾く時に、

「いつも背筋を使う」事が出来るようになるまでには、

それを意識して弾く、という事を、

体に覚えこませないといけません。

 

だから、しばらくの間は、意識して、

背筋が伸びてるわ〜!を、想像して弾いてみてね。

 

実際、「わー!こんな弾き方があったんですね!弾きやすいです!」

というお声を頂きました♪ 嬉しいです♪

ご参考までに。

 

 

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師
香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。