● アルペジオは、親指がキーポイント

 

弾きにくいアルペジオの、弾きにくさを失くすためにするコト。

・慌てない。

・メロディにアルペジオを合わせるのではなく、
 アルペジオにメロディを合わせる。

※ メロディ第1主義、
 というところだけにフォーカスすると、
 「アルペジオを大事に弾く」ために、
 いろいろ改善するところへ
 目・耳を向けるコトは、ほぼ永遠に、出来ない。

・アルペジオの、各音価を、
  全て同じに弾こう、などと思わない。
 (実際は全て同じ8分音符であるが、
  全て同じにしなければ!
  と思うと、実際のところ、
  大変でちゃんと弾ききれない音ほど、
  音価は短くなるもの。)

・音と音の「間」は、「時間をとっていい」
  と、自分に許可する。

そして一番意識をしっかり持つべきコト。

・親指の、指先に目をつける

 親指の打鍵は、本当に指先の1点でしているだろうか?
 多くの人は、
 「私はそうしている」と思っていても、
 実際は親指の側面で弾いている。
 つまり、親指が寝ちゃってる。

この問題は、他の指で打鍵している時と、手の甲の高さが変わってしまう事にある。

親指で打鍵する時、手の甲(どころか、手全体)が、がくんと落ちる。

だから、その音が飛び出る。
だから、その音の質が変わってしまう。
だから、リズムを保てない。
だから、弾きにくくなる。

親指での打鍵は、親指そのものを動かすのは、手首から。

親指を動かすのは、というか、親指が生えているのは、指先から二つ目の関節のところでは、ない。

この画像の通り、親指の指先から二つ目の関節ではなく(×印の所ではなく)、手首のところ(○印のところ)を意識して動かす。

第2関節から動かすと、こうなります。

 

 

しかし、親指の第3関節(手首の関節)を意識して動かすと、こうなります。

このように、手首の関節を意識して親指を動かす=打鍵できるようになれば、親指で打鍵するたびに、手がガクンと落ちる、余計な上下運動は、なくなります。

様々な事が解消されます。

是非、意識してみて下さい。

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン
香港教室*土曜午後限定 月2回コース

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師
香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。