● オクターブの動きは、エキスパンダー

 

こんなオクターブの動き。

「オクターブをつかむのがギリギリだから」としても、

1つずつ、ポンポンと跳ねて行くと、

クライマックスの緊張感が損なわれてしまいます。

それに、オクターブがギリギリでも、
跳ねなくても、弾けますよ。

意識をこっちに持って行きましょ。

まるでエキスパンダーを使うみたいに、

音と音は、引っ張り合う。

今、鳴らした音は、次の音が鳴るギリギリまで聴き続ける。

今、鳴らした音は、そのエネルギーが、
次の音が鳴る瞬間まで、次の音に向かって行ってる。

その緊張感を感じてみましょう。

音と音の間の緊張感。

それは、弾く手の中で感じるのは、

「てのひらの中心のくぼみ」。

そこからエネルギーが発せられる。
(「氣」が出るのと、同じですよ。)

あとは、「脳」。

「脳の中で、音の響きを感じ続ける」コト。

緊張感のある響きを、

弾く(打鍵する)前から聴く(想像する)。

そして、実際に聴き続ける。

てのひらも、脳も、音の響きも、拡張し続ける。

あれ?何だっけ?

と、もやもやしたら、エキスパンダーを思い出して。

ご参考までに。

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン
香港教室*土曜午後限定 月2回コース

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師
香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。