● オクターブの動きは、エキスパンダー

 

 

こんなオクターブの動き。

「オクターブをつかむのがギリギリだから」としても、

1つずつ、ポンポンと跳ねて行くと、

クライマックスの緊張感が損なわれてしまいます。

 

 

それに、オクターブがギリギリでも、
跳ねなくても、弾けますよ。

意識をこっちに持って行きましょ。

まるでエキスパンダーを使うみたいに、

音と音は、引っ張り合う。

 

今、鳴らした音は、次の音が鳴るギリギリまで聴き続ける。

今、鳴らした音は、そのエネルギーが、
次の音が鳴る瞬間まで、次の音に向かって行ってる。

 

その緊張感を感じてみましょう。

 

 

音と音の間の緊張感。

 

それは、弾く手の中で感じるのは、

「てのひらの中心のくぼみ」。

 

そこからエネルギーが発せられる。
(「氣」が出るのと、同じですよ。)

 

 

あとは、「脳」。

「脳の中で、音の響きを感じ続ける」コト。

 

緊張感のある響きを、

弾く(打鍵する)前から聴く(想像する)。

そして、実際に聴き続ける。

てのひらも、脳も、音の響きも、拡張し続ける。

 

 

あれ?何だっけ?

と、もやもやしたら、エキスパンダーを思い出して。

ご参考までに。

 

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

・香港教室*毎週の定期レッスン
・香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

無料メールマガジンのご案内

ピアニストでピアノ講師の荒井千裕が、あなただけにお送りする無料メールマガジンです。

ピアノ練習法・打鍵・体の使い方や精神コントロールについて、ここだけのお役立ち情報をお届けしていますので、是非登録してみてくださいね。

メールアドレス

配信停止は、いつでもできます
迷惑メールは一切配信されませんので、ご安心くださいね

powered by まぐまぐ!
スポンサーリンク