● フェルマータの長さを数えない

 

なぜ、その音には「フェルマータ」が付いているのだろう?

その音は、どういう流れでそこにやってきたのだろう?

その音は、どんなエネルギーから生まれたのだろう?

その音は、どんな感情を放つのだろう?

そしてその音が放たれた後は、どんな光が注ぐのだろう?

どんな気持ちになるのだろう?

どんな空間が生まれるのだろう?

そんな事を考えたら、

答えは出る。

フェルマータは、「伸ばす長さを数える」ものでは、ないよ。

初めのうちはね、感覚がつかめるまで、

大体の長さ、として目安は考えるけれど、

でも、「長く伸ばす時間を待つ」のでは、ないからね。

じゃ、何か?というと、

フェルマータが付いている音の響きが、

立ち上がって伸びて行って、

自分に返ってくるのを「聴く」、その「間」だよ。

音の響きを聴いていたら、それだけで、

次の音へ行く丁度良いタイミングは、わかるから。

聴いてごらん。

ほら、音が立ち上がる瞬間が、わかったよね?

ギュ〜んって、向こう側へ飛んで行った感じも、わかったよね?

湾曲して、自分の方へ響きが戻ってくるのを、

「今!」と、感じられたよね?

そういうこと。「聴く」って、いつもとても大事。

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン
香港教室*土曜午後限定 月2回コース

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師
香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。