● 和音は、音の動きを見る(聴く)

 

こんな音の、和音の動きは、
指が慣れるまで、

何を弾いているのか?
どんな変化があるのか?

わかりにくいかもしれませんね。

和音の中で、動いていく音を、追って見ましょ。

例えばソプラノ。

「ドーードドレド ファ」と、動きますね。

そうしたら、音が動くのは、「ドーードド」の次に「レ」へ。

そして、「レド」から、「ファ」へ。

同じ「ド」が続いていたのが、2度上の「レ」へ動いて、また戻る。
 という変化。

そして、「ド」から4度上の「ファ」へ離れて上がる。
 という変化。

その変化を、味わう!

 

 

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ 

 

次にアルト。

「ミーーミファソソ ラ」と、動きます。

それなら、やはり「ミーーミ」から「ファ」への動き、

そして続けて「ソ」へと、2度2度という、

「音階の動き」をするのを、聴く。

それは続けて最終的に、さらに2度上の「ラ」に落ち着く。

テノールは・・・
バスは・・・

と、同じように見て、その変化を味わってみて下さい。

何も考えないで、ポジションの変化だけを気にして弾いている時とでは、

音の動きの変化を意識するだけで、あなたの中の何かが変わるでしょう。

あなたがそれに気づく事が出来れば、出てくる響きも、変わりますよ。

その響きを、どう変えたいか?

それを、味わえるようになります。

是非、味わって下さいね。

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン
香港教室*土曜午後限定 月2回コース

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師
香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。