● 左右交互に、近い重音続きの弾き方

 

 

先日のレッスンから。

「ここが、両手が重なってて、弾きにくいんですけど・・・」

と言うので、どれどれ〜・・・と見てみると・・・

確かに、左右交互の重音続きですが、

右手で弾いた重音の一部を、次は左手でも弾く事になります。

その左手で弾いた音に、次の右手がかぶさってくる・・・など、

確かに、どっちが上やねん?みたいな、窮屈感も?

  実際、指がビシバシぶつかる?

 

うん、それね、真面目に弾いてるからだよね。

(とは、言いませんでしたが、じゃ、何かと言うと)

その音価の通りに、「打鍵したらきっちり、押さえておこう!」

  とするから、苦しいのです。

いえ、もちろん、音価は、大事ですよ。

だけど、ペダルも使うでしょ。
(これはちょっと語弊があるといけないので・・・
 ペダルに全幅の信頼を寄せたらいいのね!どの曲でも!
  とは、思わないで頂きたいのです。
   今この場合のお話で、という事でご理解を!)

右手の重音で、欲しい音は、一番上の音です。

だから、こうやって弾いてみたらどうでしょ?

欲しい音は、ふわりと立ち上がるし、

手(指)は邪魔にならないし、

一石二鳥です♪

 

ご参考までに♪

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師

香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。