● 肩甲骨の内側から広げて弾く

 

 

赤●を付けた所です。

 

第1拍から第2拍へ行く時に、

どちらもフォルテシモでアクセントだから!

と思うと、一生懸命頑張って、

エイヤー!って弾きに行ってしまいます。

 

一生懸命になって弾くと、

身体中ガチガチになってしまいますから、

鍵盤への執着度も、ものすごい事になってしまいますよ。

 

腕で弾こう!と思わないでね。

 

肩甲骨を意識してみましょ。

 

背中に二つの肩甲骨があります。

その肩甲骨の内側から外側に向かって開く

 

それを強くイメージしてみて。

そうしたら、ほら、肩甲骨を内側から広げる感覚がわかるかしら?

 

その要領で、打鍵してみてね。

 

もう、肩から二の腕から肘も手首も、

全てが要らない力は抜けていて、まさに羽根状態。

 

すると、弾みのある、いい音が出ますよ。

 

第1拍の打鍵から、動きを改めないでそのまま、

第2拍を打鍵しに(腕のあらゆる部分の内側から)行く。

第2拍を打鍵したら、そのまま、肘が上がって抜けていく・・・

  くらいの感覚でいいのです。

 それは、動作が大げさなのではなく、

  無駄なく一つの動きをすれば、そうなるだけなのだから。

背中の羽根、肩甲骨をゆるゆるとね♪

 

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師
香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。