● 黒鍵から白鍵への半音移動は、「落とすだけ」

 

 

画像の左手、赤●のラインです。

 

このラインは、後の「ソ」が、そのフレーズの「終わりの音」。

その直前の音は、「ラ♭」ですから、半音降りる事になります。

 

音が降りて終わるなら、「ふぅ」と息を吐くように、

自然にデクレッシェンドするのは、とても自然です。

 

だけど、「ラ♭」を打鍵した後に、「ソ」を「打鍵し直す」と、

「ソ」は、飛び出てしまいます。

自己主張の塊の音に、なります。

 

うーん、困った。

じゃ、どうしたら良いのかしら?

どうしたら綺麗に弾けると思う?

あれこれ試してみたいですね・・・

 

 

これはレッスンの覚書なので、書いておきます。
(お話しします)

 

ただし、文章上の話なので(レッスンで手に触れながら、音を出しながらではないので)、

お読み下さる皆様に、どこまでまっすぐ伝わるかはわかりません。

 

ただ、「落とすだけ」です。指をね。

「ラ♭」の黒鍵から、半音下の「ソ」へ、

ただ、落とす。

 

落とす〜が難しい?

頑張っちゃうと、指が黒鍵上で固まって
くっついて、動かなくなりますね。

 

頬をなでるように、なぞるように、

肩を解放して、親指の爪の横の皮膚のところで、
なで落とす。

 

どうしても固まってガックン!てなるなら、

指を落とす時に、

「フッ」と息を軽く吐いてね。

 

指を落とした時、ドスン!て音が出るのは、

手の重さが乗ってしまうから。

手首を使ってしまうから。

落ちた時に、力を逃せないから(留めてしまうから)。

 

「なぞって落ちる(落とす)」ところまでは
自然に行けているようなのに、

ドスンと落ちるなら、

指が落ちた時に、肘を「クイっ」と上げてみて。

 

すると、指先で「黒鍵から白鍵へ」滑り落ちる間、

親指の側面が鍵盤に触れていたのが、

「ソ」の打鍵をした瞬間=離鍵の瞬間は、

親指の先の「点」しか触れていない状態です。

 

音を伸ばせない、という点は、今は気にしない。

その音の響きは、ペダルが拾ってくれます。

 

繋げたい音、音と音の繋がりを「自然に」。

普段の呼吸を意識していないのと同じくらい、自然に。

 

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

 
◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師
香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。