● フォルテは、力を出さない

 

 

今朝配信したメルマガと、同じお題です

 

フォルテシモになると、途端に頑張って

「弾きに行って」しまいませんか?

 

オクターブの重音なら、「掴まなきゃ!」と

思ってしまうから、余計です。しかも両手です。

 

気をつけたいのは、「一音ずつにならないようにする事」です。

 

一つだけ、大きくしたいわけじゃない。

フォルテシモでありながらも、一つのフレーズ、

一つのラインを作るというポイントを、忘れない。

 

そして、大事なポイント。

その響きは、あなたが欲しいものになっていますか?

  という事を忘れないで。

  もう一回、聴いてみてね。

 

さて、背中の羽(肩甲骨ゆるゆる)を意識して、

二の腕を(肩から脇の下を)解放してあげる。

 

その状態で、ただ、腕を下ろすだけ。

 

ただし、メルマガにも書きましたが、

下ろしっぱなしは、ダメです。音がそこで止まってしまうから。

響きも、欲しいものには、ならないでしょう。

 

そして、この全ての重音を、ひとつひとつ、

改めて打鍵し直さないことです。

全ての動きは、回転し続ける。

止まりません。そのフレーズの終わりまでは。

 

そうするからこそ、推進力が生まれ、響きは繋がっていくのです。

 

文章で全てが伝わるとは、思っていません。

このレッスンをした方、
同じようなフレーズのレッスンをした方々の

復習になれば、思い出して頂ければ、それで十分です♪

 

でも、全ての方に気づきになればいいな〜と思うのは、

「フォルテは力を出さない」=「力でフォルテを出さない」

  ということです。

 

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師
香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。