● 腕の回転の使い方も、逆を試してみる

 

右手も左手も、延々、本当に延々と続くアルペジオです。

 

同じ形で、和音が変わっていくだけ。

 だけ って一言で終わっては何ですが。
  そこまでは単純じゃないですけどね。

 

こんなアルペジオのフレーズは、腕の回転を使って弾きます。

 

回転させると、ラクです。ヒジョーにね。

 

だけど、回転の仕方も、例えば、

右回りに左回りがあるように、

捉え方一つで、動きは真逆になりますよ。

 

音を取って行く時(弾いて行く時)、

こうなっていませんか?

つまり、手全体が下に、鍵盤を這うように行く。

下から右へ、そして右から上へ回して左へ・・・という動きをしようと、する。

 

それを、逆にしたらどうでしょ?

1音目を打鍵する時、これは左手なので「5」の指で打鍵しますね、

 

その打鍵の時に、手を落とさない。

逆に、指先で「立つ」ように、手を上げます。

上げて、手を(手の甲を)鍵盤の向こう側へやるように、右側へ。

 

そうやって、「ラ ミ ラ ド」まで弾いていきます。

「弾く」と言うよりは、「なぞって行く」くらいの感覚で。

そして「どらみ」で降りてくる時は、下から回していく。

 

ただし、鍵盤にしがみつくのではなく、

脇の下を広げ、内ヒジから外側へ腕を広げながら、弾いていく。

という、腕の回転です。

 

どうかな?

と、体感して頂いたら、

「あれ?あれれれれ?どうしてあんなに弾きにくかったんだっけ?」

と思うくらい、弾きやすくなったそうです。

 

翌日、ご自宅で復習してみても、

なんか、良い感じだったそうで、とても嬉しいです♪

 

これも、文章で捉えると、

どのように腕を使うのか、正しく伝わるとは思っていません。

だから、ご参考までにね。

 

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師
香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。