● 内側から外側へ

 

 

左手の跳躍です。

音楽的に大事にしたいのは、拍頭の低音のライン。

でも、それを「感じ過ぎる」と・・・・?

低音の音を、「弾きに行って」しまいます。

すると、どうなるでしょう?

ドスンと、落ちます。

あっち行って、こっち行って、あっち行って、ひぃひぃ・・・・・疲れる・・・

だから、ちょっと捉え方を変えてみましょ。

後拍(裏拍)の和音から、拍頭の低音へ行くんだ〜い!

  と、捉える。

ただし、後拍の和音に「重き」を置く訳では、ありません。

それしちゃうと、重いよね、本当に。

拍が裏返ってしまうしね。

ただ、「動きの捉え方」の問題です。

後拍の和音から、次の拍頭の単音へ、行く。

つまり。

体の内側から外側へ、という動きです。

  ラクですよ♪

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン
香港教室*土曜午後限定 月2回コース

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師
香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。