● 両手でオクターブ・フレーズを弾くと、力んじゃう~!を解消する

 

 

両手ともオクターブ、しかもユニゾンでの動きは、
両腕の動きが並行なので、そんなに難しくなさそう。

 

だけど、いざ弾き始めると、まるで自分が
ロボットにでもなったかのように、

カチンコチンになってしまう。

 

このようなオクターブ・フレーズ、しかも両手で、

となるのは、盛り上げて行く場合がほとんどです。

 

だから、余計「頑張って」しまう。

 

それを、やめたらいい。

 

頑張ってしまうと、打鍵するたびに結構 

指(手)が鍵盤から離れてしまう。
(上がってしまう)

 

そしてまた鍵盤に着地(打鍵)というのを繰り返すと、

運動量が多くなり、すぐ疲れるわけです。

 

腕がしびれる「大根おろしの術」にかかってしまいます。

 

ポイントは、打鍵する指先を常に鍵盤に付けておくこと。
浮かせない。

ただ、打鍵するスピードをその盛り上げ方(ニュアンス)によって、変えていくだけです。

 

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン
東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師
香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。