● 両手オクターブ・フレーズをラクに弾く方法その2

 

 

両手オクターブ・フレーズをラクに弾く方法その1はこちら。

 

赤○で囲んだところがポイントです。

それ以外のところは「ちょんちょんちょん」という感じで、鍵盤の底までは しっかり打鍵しない感覚で(頑張らないで)弾く。

 

そして赤○のところだけ、鍵盤の中に入って行くような感覚を持って弾く。

スポンサーリンク

 

その赤○のところ、こちらの画像では赤→で示しています。

 

各小節最後の8分音符の音から、次の小節の第1音へ

「向かって行く!」

         という意識を持つ。

 

あなたがもしも指揮者なら?

第1拍へ向かう意識がきっと変わるでしょう。

 

だから、自分が指揮者だったら?
オーケストラを操るのだとしたら?

と想像してみましょう。

 

この矢印前後の2音の意識は「レガート気味」と言ってもいいかもしれませんね。
(打鍵の意識です。)

無料メールマガジンのご案内

ピアニストでピアノ講師の荒井千裕が、あなただけにお送りする無料メールマガジンです。

ピアノ練習法・打鍵・体の使い方や精神コントロールについて、ここだけのお役立ち情報をお届けしていますので、是非登録してみてくださいね。

メールアドレス

配信停止は、いつでもできます
迷惑メールは一切配信されませんので、ご安心くださいね

powered by まぐまぐ!