● 両手オクターブ・フレーズをラクに弾く方法その2

 

 

両手オクターブ・フレーズをラクに弾く方法その1はこちら。

 

赤○で囲んだところがポイントです。

それ以外のところは「ちょんちょんちょん」という感じで、鍵盤の底までは しっかり打鍵しない感覚で(頑張らないで)弾く。

 

そして赤○のところだけ、鍵盤の中に入って行くような感覚を持って弾く。

 

その赤○のところ、こちらの画像では赤→で示しています。

 

各小節最後の8分音符の音から、次の小節の第1音へ

「向かって行く!」

         という意識を持つ。

 

あなたがもしも指揮者なら?

第1拍へ向かう意識がきっと変わるでしょう。

 

だから、自分が指揮者だったら?
オーケストラを操るのだとしたら?

と想像してみましょう。

 

この矢印前後の2音の意識は「レガート気味」と言ってもいいかもしれませんね。
(打鍵の意識です。)

 

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン
東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師

香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。