● 寄せて伸ばして!体はワンピース!



伸びをすると、体中の関節が開いて、

少し体が大きくなったような感じがする。

 

高い所にあるものを取る時、

ちょっと遠くにあるものを取る時、

またはその逆。

 

高い所にモノを置く時、

ちょっと遠くにモノを置く時、

体を伸ばして、ちょっと大事にしますよね?

 

2拍目の「ド」に「1」の指を置いて、

次のオクターブ離れた「ド」は「5」の指でとる。

 

それは、ただその指番号で弾けばいい
というものではなくて、

体が伸びをする時と同じように、

手も(てのひらに各指も)伸びをしてご覧。

 

そうしたら、何気なく弾くのでは

届かない音程でも、届く?届きそう?

届かなくても、ジャンプしなくて弾けるよ。

 

ジャンプして弾くのと、ギリギリまで伸ばしていくのでは、違うよ。

 

体は伸ばしてあげると、ラクになっていく。

 

手も同じ。

応用版です。

3拍目の音を「5」の指でとったら、

その後、全ての音を「一本指」で弾くのでは、

このような練習曲を弾く意味がない。

 

寄せて伸ばして!寄せて伸ばして!

それを体でやる時、意識しなくても

体はワンピースだ。

 

手だって同じ。

 

だけど、手の場合は意識しないと、

手指そのものは繋がっていても
(バラバラ事件にはならなくても)、

音がバラバラ大事件に。

 

そして、手指の筋肉は必要な使われ方をせず、

柔軟に育たない。

 

手が大きくなっても、指は長くなっても、

オクターブはつかみにくい、届かない、

という手になってしまいます。

 

何故、その指使いなんだろう?

と考えてみることも、時には大事。

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室)
クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師
香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。