● 息の長い演奏をする方法



 

人は「待つ」事が、苦手のようです。

楽譜の中で

「伸ばす音符」「長い音符」(休符やフェルマータも)、

それらが出てきても、十分にそれを感じる事ができない。
(感じにくい)

 

だから、急いてしまうのでしょう。

急いてしまうと、拍子感が崩れてしまいます。

 

例えば、上の画像のような所。

 

タイの音の、その長さを待つことが、難しいのです。

タイで繋がれた4分音符は、その前の3連符「たたた」と同じだけの音価。

 

タイで待つことが難しい人の練習法→

「ミシシ(タタタ)」と自分の中で数えるように歌う。

 

私の場合は、こうです。

「ミシシ(イイイ)

 

もう一つのポイントは、その後の2分音符。

ここでは、歌が左手にバトンタッチされるので、

右手の2分音符は打鍵と同時に、その存在を忘れられてしまいがちです。

 

左手の「レミファ…」という歌を歌いながらも、

右手の響きを遠くに聴き続ける。

左手の歌が終わる時にも、

自分の中で聴き続けられていないなら、誰にも聴こえない。

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室)
クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師
香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。