● アーティキュレーションを理解すると、音が踊り出す!



この画像の左手のように、低音を押さえて(伸ばして)おかねばならない場合、

ものすごく気をつけないと、左手の上のラインもレガートで弾いてしまいます。

 

 

元々そのような指示になっているなら、いいよね。

でも、楽譜を見ると、そうは書かれていません。

 

 

左手の上のライン「どーれどれー」は、

1音目の4分音符「ど」は、テヌート。

 

 

しかし、続く8分音符はと4分音符「レドレー」は、

「スタッカート」です。

 

 

つい繋げてレガートで弾いてしまうのと、

楽譜の指示通りに弾くのでは、まるで違うものになります。

 

 

だから、アーティキュレーションを正しく読み取るのは大事なのです。

それだけで、音が生きてくる!踊りだすよ♪

 

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室)
クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師

香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。