● 大きく捉える



 

付箋が貼ってある所=赤い縦線を引いてある所からのフレーズです。

 

1小節毎に、「よいしょ」「やれやれ」と、弾いていませんか?

はーもう、疲れちゃう(笑)。

 

1小節毎に、

「段階が上がる」、と理解するのは、正しいです。

 

それは、捉え方(グルーピング)のお話ね。

 

しかし、「フレーズ」となると、もっと大きくなります。

大抵、「1フレーズ」は、「4小節」です。

もちろん、もっと長く大きくなる場合も、あります。

 

大きな呼吸をする。

一息で歌っていく。

すると、流れが良くなりますよ。

 

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室)
クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師

香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。