● 同音連打はタイミングを意識するとキレイになる

 

同じ音が続くと(重音でも)、指使いを替えて弾きなさいよ!

という指示がある時が、ある。

 

それは、その限りではないのだけれど、

たとえ同じ指で弾くとしても、指を替えるにしても、

一つ意識するだけで、とっても流れが良く、

聴こえ方が美しくなる事が、あるんです♪

 

それは、タイミング

 

のとり方です。

 

画像では縦に赤線を引いたところ

その、2分音符に入る前のタイミングです。

 

まるで「改めて入り直すように」、

その、ほんの少しのタイミングを気遣うだけで、格段に美しくなります。

 

是非、意識してみてくださいね。

 

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室)
クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師
香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。