● 受け渡しは、優しく撫でるように


 

 

単旋律なのに、左手から右手へと

音を受け渡して弾くフレーズは、よくありますね。

 

この時、大事なのは、

「まるで片手で弾いているように、なめらかに聴こえるように弾くこと」

 

じゃ、片手で弾いたらあかんのー?

うん、片手でも弾けるよね。

だけど、片手で弾くと、こんな時は「指くぐり」をしないといけないでしょ?

すると、そこでデコボコしてしまう。

 

デコボコしないように弾くことも、出来るよね。

意識して、打鍵の仕方を気をつければ良いのよね。

 

だけど、それより、このように両手で
繋げてあげる方が、容易です。

 

手指に自然な指を使って弾かせるのは、
ドビュッシーらしいですね。

 

さて、それでも、その時に注意するのが「受け渡し」。

「さー!バトン渡しまっせーー!!」

と、意気込み過ぎないでね。

 

それよりも、大事な人の手に
そっと触れるように。

 

眠りに入った子供が起きないように、
愛を込めてそっと撫でるように。

 

そんな気持ちでね、
優しい気持ちで弾いてみましょうね。

 

実際にどのような連係プレーをするのか?
というのは、レッスンで手取り足取りお伝えしています。

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室)
クラス・メニュー

・香港教室*毎週の定期レッスン
・香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

無料メールマガジンのご案内

ピアニストでピアノ講師の荒井千裕が、あなただけにお送りする無料メールマガジンです。

ピアノ練習法・打鍵・体の使い方や精神コントロールについて、ここだけのお役立ち情報をお届けしていますので、是非登録してみてくださいね。

メールアドレス

配信停止は、いつでもできます
迷惑メールは一切配信されませんので、ご安心くださいね

powered by まぐまぐ!
スポンサーリンク