● 方向転換は、気持ちが変わるサイン

 

楽譜は横に読んでいきます。
だから「模様読み」なんて、言いますね。

 

音符の動きはまるで、波のようになっています。

 

いろんな音の動きを、「波」に例える事が出来ますね。

 

その波の動きが転換する時というのは、「何か」があると思います。

 

そして、それをきっかけに、動きが逆行して行きます。
(それが僅かの間でも)

 

この画像でも、右手がそうです。

 

スタッカートで二度ずつ降りてきます。

 

ところが拍子が変わって、動きは逆行します。
アーティキュレーションも、変わります。

 

このような時に必要な事。

それは、

 

その転換点に入る時に、「改める」

 

「入り直す」という事。

 

つまり、それをやるためには、新たな呼吸が必要になります。

 

そうするとね、もっと「分かりやすい」「伝わりやすい」演奏になります。

 

では、どうやって呼吸するのか?

という事を、レッスンでお伝えしたり、
一緒に考えたり、しています。

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室)
クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師
香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。