● 16分音符フレーズを迷わず弾けるようにする方法

 

この画像の左手のように、延々と16分音符フレーズが出てくる曲があります。

画像のところは、少し特徴的な動きをしているので、わかりやすいかもしれません。

(他の曲なら、ショパンの「革命」の左手や、「黒鍵」の右手が該当しますね。)

 

 

このアルペジオを含むフレーズの連続では、

同じかと思えば、途中、中の数音だけ違っていたりして、
覚えにくい事、指に馴染みにくい事千万です!

 

でもね、そんなところも迷わず、弾けるようになる方法があります。

 

結構、単純です。

 

歌ってしまえ!歌って覚えちゃう~~~♪♪♪   です。

 

呪文のように、繰り返し歌って覚える。

スラスラと歌えるようになった頃には、

すっかり弾けるようになります。

 

何故、言えるように・歌えるようになれば、弾けるようになるのか?
(動きを覚えて弾けるようになるのか?)

 

それはね、わかっているようでいても、

実際に頭の中では、音の細かな動きを、
正しく把握できていないの。

 

だから弾けなかった。
だから弾けない。
だから、弾くたび迷うんです。

 

これは過去に何人も生徒達が実証済み。

 

もしも、あなた様がこんな曲をやっていて
困っていたら、是非、お試し下さい。

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室)
クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師
香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。