● ハーモニーを味わうと、メロディ美しくなる!

とっても美しく、幻想的なフレーズです。

 

右手がメロディ、左手は伴奏。
この伴奏のカタチは「アルベルティ・バス」と言います。

 

右手を、とっても気持ち良く歌って弾きたいですね。

 

ところが客観的には、そのメロディがよくわからない場合があります。

 

左手の伴奏を「頑張らない」で弾くのは正解です。

 

「左手、もうちょっと静かにね」

 

と言うよりも、左手のその動きは、
4音をひとまとめにして和音化して弾く
「響き=ハーモニー」を表している。

 

そのきを味わってみましょ

 

その響きに包まれるように、
メロディも味わって歌ってあげちゃう。

 

そしたら、ほらほら!
もっと美しくなっちゃったよ♪

 

バランスとして、伴奏が出過ぎているようなら、
意識を伴奏に置くのではなく、
メロディに持って行きましょ♪

 

ということです。

 

ハーモニーを味わうと、メロディが更に美しくなる魔法に、かかっちゃおう!

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室)
クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師
香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。