● 半音と全音の並びをうまく使う

 

オクターブの音階フレーズは、白鍵と黒鍵が混ざる場合、

弾きにくさを覚える事があると思います。

 

全て半音階ならまだしも…?

 

半音程と全音程が混ざっていると、
半音程から全音程になった時に、
わずかな「跳躍」を感じる。

 

そのために、弾きにくい、と感じます。

外したり、してしまいます。

 

オクターブを弾く時に、「1と5」の指だけでなく、

「1と4」や、できれば「1と3」が使えるでしょうか?

 

もちろん、届かないのに無理に使う必要は、ありません。

 

でも、これは手の大きさは関係ありません。
広がる手を作れるかどうか、です。

※ 自分勝手な解釈で、手を広げようとしないで下さいね。
広がる手を作るには、大事なポイントがあります。

 

 

さて、音程の動きに合わせて、また、
黒鍵と白鍵の動きに合わせて
指使いを検討するだけで、
だいぶ弾き易くなります。

 

このように上行フレーズの場合、
黒鍵から白鍵に動く時は、
黒鍵の上の音を「4」の指で、

 

白鍵の上の音を弾く指を「5」にすると弾き易いでしょう。
(可能ならば)

 

もし、「1と5」の指でなければ難しいという場合。

移動していくキーパーソンならぬキーフィンガーを、

「3」の指だと思うこと。

「3」の指で導いてあげるように、動いていくと良いです。

 

いずれにせよ、まずはそのフレーズ、
半音程と全音程がどのように並んでいるのか?

ということを「知る」のが最初です。

 

お試し下さいね。

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室)
クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

練習法や講師挨拶文例などの電子書籍

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師
香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。