● 2音間のスラーの注意点


 

 

この画像の、左手パートです。

ピアニシモ(pp)のところ。

低音部記号(ヘ音記号)なので、

「そら らし しそ|そら らし しそ」となっています。

 

「そら」で一つのスラー、「らし」で一つのスラー…

2音の間に付くスラーの弾き方、基本は、

・1音目の打鍵で手を落す
・2音目の打鍵をもって、手を上げる

です。

 

手を落す時に1音目の打鍵を。

そして2音目の打鍵をしながら上げる。

 

この時、気をつけたいのが、この譜例のケース。

ここ、ピアニシモです。

2音目で勢い良く手を上げながらの打鍵をすると、

どうなるでしょうか?

このピアニシモの前は「ピアノ(p)」で、

その前は「クレッシェンドの後のフォルテ」が。

 

つまり、

「クレッシェンド→フォルテ→ピアノ→ピアニシモ(ココ!)」です。

 

そしてこの後、「riten.」でフェルマータがあって、

セクションが変わってテンポが変わります。

という流れを考えると、この
2音間のスラーの打鍵はどうしたらいいんだろう?

って、考えてみましょ。

 

勢い良く跳ねない。

 

「落して上げる」という

基本の打鍵をすることに変わりはありません。

 

だけど、「落す」「上げる」の幅をおさえる。

腕は動いても(回転させても)

指先は極力、鍵盤から離さないようにしてみましょうか。

 

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室)
クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

練習法や講師挨拶文例などの電子書籍

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師
香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。