● 2音間のスラーの注意点


 

 

この画像の、左手パートです。

ピアニシモ(pp)のところ。

低音部記号(ヘ音記号)なので、

「そら らし しそ|そら らし しそ」となっています。

 

「そら」で一つのスラー、「らし」で一つのスラー…

2音の間に付くスラーの弾き方、基本は、

・1音目の打鍵で手を落す
・2音目の打鍵をもって、手を上げる

です。

 

手を落す時に1音目の打鍵を。

そして2音目の打鍵をしながら上げる。

 

この時、気をつけたいのが、この譜例のケース。

ここ、ピアニシモです。

2音目で勢い良く手を上げながらの打鍵をすると、

どうなるでしょうか?

このピアニシモの前は「ピアノ(p)」で、

その前は「クレッシェンドの後のフォルテ」が。

 

つまり、

「クレッシェンド→フォルテ→ピアノ→ピアニシモ(ココ!)」です。

 

そしてこの後、「riten.」でフェルマータがあって、

セクションが変わってテンポが変わります。

という流れを考えると、この
2音間のスラーの打鍵はどうしたらいいんだろう?

って、考えてみましょ。

 

勢い良く跳ねない。

 

「落して上げる」という

基本の打鍵をすることに変わりはありません。

 

だけど、「落す」「上げる」の幅をおさえる。

腕は動いても(回転させても)

指先は極力、鍵盤から離さないようにしてみましょうか。

無料メールマガジンのご案内

ピアニストでピアノ講師の荒井千裕が、あなただけにお送りする無料メールマガジンです。

ピアノ練習法・打鍵・体の使い方や精神コントロールについて、ここだけのお役立ち情報をお届けしていますので、是非登録してみてくださいね。

メールアドレス

配信停止は、いつでもできます
迷惑メールは一切配信されませんので、ご安心くださいね

powered by まぐまぐ!