● 呼吸をコントロールしよう!


 

このように、伸ばす音符でクレッシェンドをする場合。

呼吸のコントロール一つで、
音が広がっていく感じを出すことができます。

 

そのイメージは、ホーン・セクションの演奏。

 

トロンボーンやチューバを吹く、と想像できるかな?
(該当の生徒は音楽隊で金管楽器を担当しているので、
そう言ってみたらすぐ想像できて嬉しかった♪)

 

ホーン・セクションでは(管楽器では)、
音を出すには、息を吐いていきますよね。

 

クレッシェンドしていくなら、
腹筋を使うように、

腹を意識して、一度に吐き出さないよう、
吐く息の量をコントロールします。

 

それと同じ事だよ。

 

ちょっとした意識の違いです。

 

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室)
クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

練習法や講師挨拶文例などの電子書籍

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師
香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。