● 音のバトンタッチは大好きな人との会話♪


 

 

それぞれのフレーズの弾き始めは、

優しさでいっぱいなのよね。

 

ところが、左手が語り始める時、
よほど気を付けないと、
右手のフレーズの終わりの音が

スン!

と尻餅をついてしまう。

 

どうしてだろう?

・左手が弾き始めるところなので、
勢いがついてしまう。

・ペダルを入れるので、
右足の動きが全身運動となってしまう。

 

全ての動きは同じじゃない。

 

右手のフレーズの終わりは、
左手にバトンを渡してあげるために上がっていく。

 

それはまるで、
大好きな人の目を見て、話をして、
触れるように。

 

ペダルを踏む時に、上半身で踏みに行かないでね。

足の動きだけで踏むようにしてみましょ。

右手と左手は常に円を描くように、
回転するように。

 

フレーズの最後の音まで、聴き届けてあげたいね。

 

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室)
クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

練習法や講師挨拶文例などの電子書籍

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師
香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。