● 動きが変わった時は、何かのサイン


 

 

画像2小節目に注目してみましょう。

 

1小節目とは、動きが異なりますね。

同じように始まるけれど、終わりが違う。

 

下段(ヘ音記号のところ)の終わりに書かれている、

上第2線の「ミ」。

 

これは、それまでの左手の動きからすると、

そこに「ミ」があっても不思議じゃない。

だけど、「棒」の向きが変わりましたよ。

そして、16分音符ではなくて8分音符になっています。

 

さぁさぁ、それまでと変わったのです。

 

この「ミ」は、

・右手の16分音符「しそみみしそ」の続き、或いは終わり、とも捉えられます。

・左手のそれまでの動きに「?」を付けるカタチとしても、捉えられます。

 

右手にも左手にも、そこには休符はないのですから。

 

このように、動きが変わった時は、

「あれ?」と、感じてみよう!

なんだろ?
どしたん?
何?  って。

 

何かの変化の兆しです。

 

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室)
クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

練習法や講師挨拶文例などの電子書籍

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師
香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。