● 拍を感じて、イメージする


 

この変奏は、どんな雰囲気かしら?

何をイメージできるかしら?

 

と投げかけたら、私が持っているイメージと、

同じモノを、返してきた生徒ちゃん。

 

それをイメージしているのに、そのような音が出て来ない。

そのように聴こえない、
というのは、どうしてだと思う?

 

それはね…..

左手の動きに捕らわれて、

無意識のうちに、4拍子で弾いてしまっているからよ。

あなたの演奏、8分の4拍子になっているよ。

何拍子の曲だか、わかってるよね?

という事です♪

 

あなた様も、イメージはあるのに、
なんかイマイチの違和感を感じたら、

もう一度、拍子をチェックして
「拍」を意識して、弾いてみて下さいね。

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。
荒井千裕 拝
◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室)
クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

練習法や講師挨拶文例などの電子書籍

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師
香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。