● 指に任せて弾く?音を聴く?


 

 

こんなフレーズ。

テンポがブレやすい人の特徴は、

こんなフレーズにあります。

 

音価の短い音符が続いてきて、

音価の長い音符が出ると、

1拍が短くなってしまうのです。

 

赤丸した所です。

ほら、長く伸ばす音でしょう?

この赤丸の所だけではありませんが、タイもね、です。

 

これは、日本人の特徴なのかは、わかりません。

だけど、多くの人たちが、

「伸ばす音」への意識が、とても薄いのです。

 

「ゆっくりの曲」も、そうですね。

「フェルマータ」も、全然、長くない。

 

どうしてか?

という理由は、わかっています。

待てない人たちも、わかっています。

「その音の長さの分を、待つのが、怖い」

のです。

 

「ただ、伸ばしているだけ(指を置いているだけ)」

の時間が、怖いのです。

 

それは、今日の生徒ちゃんも、言っていました。

わかってるんだね。

わかってるなら、意識一つで改善出来るからね。大丈夫よ。

 

ねぇ、この「伸びる音」の響きを、聴いてみようよ!

ね、聴くように意識して、弾いてご覧?

 

と、弾いてもらうと、

?できるじゃないの〜〜!

 

そう、「意識」一つなのです。

意識するかどうか?

これだけなの。

 

ね、もったいないよ〜!

 

ちなみに、こんな感じです。

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室)
クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

練習法や講師挨拶文例などの電子書籍

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師
香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。