● 拍をまたぐ同音連打は、タンギングし直すように。


 

 

和音の同音連打、ポジションも手の形も同じなので、
弾きやすいと思います。

 

だけど、ちょっとだけ気をつけたい事があります。

 

それはこの画像のように、拍をまたいでの
同音連打の時です。

その時は、改めて打鍵し直す。

 

例えば管楽器でタンギングをする時に、
ちょっとストレスを与えてタンギングし直す、
そんな感じです。

同じように走っていても、
そこに来たら、ちょっとステップを踏み込んで
もうちょっと高く飛ぼうとするような感じ。

「入り直す」

「息を吸う/吸い直す」ように。

 

するとね、もっと素敵になりますよ。
音が詰まっていかなくなるんです。

 

あ!その感覚、わかったわー!

と思って頂けたら、是非、お試し下さいね。

 

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室)
クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

練習法や講師挨拶文例などの電子書籍

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師
香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。