● ちょっと気遣って、飛ぶのを防ごう!


 

気を付けたいのは、この画像で赤○をしている
左手の4拍目の4分音符

 

飛びやすいの。
次の音に向けて。

次の音を打鍵する「準備」をしようとして、
無意識のうちに飛んでしまう。

 

でもね、次はこうなってるの。

1枚目の画像では左手、「ソ・シ♭・ミ♭」。

2枚目の画像では、「ソ・シ(ナチュラル)・レとファ」に指を用意します。

 

1枚目の画像「ソ(5)・シ♭(3)・ミ♭(1)」の指に対して、
2枚目の画像「ソ(5)・シ(3)・レ(2)とファ(1)」でとるなら、飛ばず、同じ場所で弾けます。

少し、1と2の指を広げるだけですみます。

 

ジャンプして飛んでしまうのとは、
聴こえ方が大分変わってきますね。

 

前後で何がどのくらい変わるのか?

 

同じことはないのか?

見てみましょう。

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室)
クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

練習法や講師挨拶文例などの電子書籍

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師
香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。