● 長いアルペジオ・フレーズを効果的にするポイント


 

上昇下降する、アルペジオの長いフレーズの場合、
ちょっとした事をするだけで、演奏効果が増します。

クライマックスに向かって行く場合は、
とっても有効です。

 

上の画像のように、「フォルテ」で
下降アルペジオが始まりました。

 

そして…

今度は上昇していきます。

 

このような場合は、最低音の打鍵直後に
一度、音量を落とします。

 

それからアルペジオの終わりに向けて、

クレッシェンドをかけていくのです。

 

上昇するフレーズが長い場合は、
クレッシェンドをかけるのは、
フレーズの終わりの方で。
(始めから猛烈に頑張らない。)

 

もし、あなたが弾いている曲の中に
このようなアルペジオ・フレーズがあったら、
試してみて下さいね。

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室)
クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

練習法や講師挨拶文例などの電子書籍

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師

香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。