● 闘いに行かない

 

オクターブが多い。
跳躍も、ある。
素直じゃないリズムがある。

 

これ、無意識のうちに

「闘って弾きに行ってしまう」三大要素です。

 

 

闘っている事を、表しているようなフレーズならまだしも。
(それでも、ガチで闘わなくていい)
ピアノは、格闘技じゃないからね。

 

この画像のような例では、闘いは真逆ではないかな?

どちらかと言う、もっと「麗しい」感じ。

うっとりするような、そんな光景を思い浮かべてみて!

 

「うっとりする」ってね、体の力が抜けて、

思わず笑みが浮かぶような、そんな状態。

素敵な王子様が迎えにきてくれた、

   とか、想像してみて♪

 

イマドキは王子様じゃないかも、しれないけれど。

 

美しくて、スマートで、麗しい感じ。

 

何か麗しさを感じられると、
この大変そうなリズムも、
それぞれの音の「間」の響きを
たっぷり味わえるよ。

 

 

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

練習法や講師挨拶文例などの電子書籍

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師

香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。