● 幅を覚える。視覚に頼らない。

 

この画像のような、左手の10度和音の進行。

10度は、届かない人の方が多いのではないかな?と思います。
特に女子。

 

だけど、10度ってね、
実はそんなに離れてるわけじゃないの。

しかも「タッカ」(付点8分音符+16分音符)のような
特殊なリズムだとかなり大変です。

 

だけど、このように同じ8分音符で、
しかも音階的進行をしている場合は、
ちょっとだけ気を使ってあげられるだけで、
大分良くなりますよ♪

 

それは、和音の下の音から上の音への音程

 =10度の幅を、感覚/間隔で覚えます。

 

手首を使いましょう。

手首をどのくらい回転させるのか?

その説明がふさわしいのか、よくわかりませんが、
とにかく手首を使う。

 

手はできるだけ広げておき、その幅は、保っておきます。

開いた幅が8度なら、あと少しだけ、
手首を使ってあげれば、届くのだから。

 

だから、
「どのくらい手首を使って動かしてあげれば届くのか?」
というのを、感覚/間隔で覚える。
その動きを覚える。

目をつぶっても弾けるようにする。

 

その練習に集中するだけで、

「あれ?また はずれちゃったよ」

  を、防ぐ事が出来ますよ。

 

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

練習法や講師挨拶文例などの電子書籍

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師

香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。