● ポジション移動は膨らみを持って

 

右手は三度和音で、同じ指使いで下降の音階です。

一見やさしそう?
でも、弾く本人にとっては大変なコト。

こんな時には、もう一方の手(左手)は
手指の形を変えなければいけないから、
思わず慌ててしまうの。

 

だけどね、そんなに慌てなくていいの。

左手、更に三度ほど、手を開くのは、
体の(手の)小さな子にとっては、大変な出来事です。

 

それでも、落ち着いてね。

その和音の形が変わる、
赤→」のところ、

  その「間」の空間を、感じてね。

そこね、空気が「ほわっ」と膨らむよ。

それを味わって、安心してね。

 

あなたの手指も、慌てなくても、

「ほわっと」広げて、正しい形にしてあげられるんだよ。

 

何事も、あせらない。

「ふくらみ」を感じてあげましょうね。

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

 
◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

練習法や講師挨拶文例などの電子書籍

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師
香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。