● 音の動きは模様読み。
 その動きを波の動きに重ねてみよう!

 

楽譜に書かれているコト、そして、
書かれてはいないけど、
読み取れるコト、というのが、ある。

 

 

作曲家が、どこまで思いを楽譜に書き込むかは、
作曲家によって違うだろう。

 

 

作曲家が書き記したコトは、絶対だ。

 

 

だけど、例えばこの譜例のように、
「フォルテ」と書かれているから、
このフレーズ全てを「フォルテー!」で弾くのは、
どうだろう?

それは、少し乱暴な言い方をすれば、
「機械的」過ぎないかしら?

 

 

フレーズは、その音の波のカタチの通りに、
気持ちが動くと思います。

  波。

波が寄せて来る時、
引いて行く時では、

見ている時の印象も、違いますよね。

 

 

そういうコトです。

 

 

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

練習法や講師挨拶文例などの電子書籍

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師

香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。