● 重音続きはグルーピングすると捉えやすい

 

このように、重音の動きが続く場合。

これら全てで一つだ!と思わない。

細かく、グループ分けをしてみましょう。

 

 

画像1枚目のケース。

赤線で区切ってあるように、
(右手の高音の音で言うと)

「レミ」で一つ、と捉える。

 

すると右手は、外側の音はオクターブで二度上がるだけです。

中の音は変わらないので、その音を軸に動けば良い。

 

同じ所の左手も同様。

上二つの音は同じで、下の音が半音下がるだけ。

 

 

次に画像1枚目の最後の音は、
画像2枚目の一つめの音とグループにしてみましょ。

 

右手は外側の音が「ファソ」と
 オクターブで二度動くだけ。

中の音は変わらないので軸にする。

 

左手は「どれら」の和音から「しれそ」に動く。

中の音は同じで外側が動く。
上の音の下の音も、二度動く。

 

 

このようにして、一つのフレーズを
細かくグループ分けしていくと、
 動きがよくわかります。

 

全然違うカタチになるわけではない、

という事がわかると、弾くのも脳も、
ラクになりますよ。

 

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。
 
荒井千裕 拝
 
 
◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

練習法や講師挨拶文例などの電子書籍

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師

香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。