● 楽譜を俯瞰する

 

こんなフレーズに出会ったら、

あなたは何を気にするでしょうか?

何が気になるでしょうか?

意識はどこへ行くでしょうか?

 

 

多くの場合ですが、

左手の音階フレーズを「ちゃんと弾こう」とする事、

つまり、指遣いに必死になってしまいます。

 

うん、気持ちはよく分かるの。

だって、指遣いがおかしくなると、
こんな音階フレーズは、弾ききれなくなっちゃうものね。

 

だけど、指遣いってのは、覚えてしまえばいいわけです。
(バッサリ言ってしまいました。身も蓋もない?)

 

じゃあね、右手の和音はどうかしら?

もしかしたら、左手の音階に

「合わせること」で、必死になってない?

 

右手の和音の動きだって、
それぞれが「歌」よ。

軽い「相槌」のような、「鼻歌」のような、

でも、ちゃんとそこにも音楽がある、歌よ。

 

ただ、拍を刻むためだけに、そこにあるわけじゃ、ないと思うよ。

 

 

もう一ついいかしら?

みんな同じような動きをしている、よね?

1小節ずつ、右手も左手も、同じリズムよね?

同じ動きよね?

 

わかるかしら?

二度ずつ、降りて行ってるのよね。

 

と言うことは?

見える景色が、1段階ずつ、下がる、降りていく感じがしないかしら?

 

そうしたら、同じ動きでも、ニュアンス、
ダイナミクスは、微妙に変わるよね?

気持ちが、変わるんじゃない?

 

 

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

 

 

ふわあああ・・・楽譜って、そうやって読むんですね。

 

  うん、そうよ。

木(細部)ばかり見てたら、

そこは森(全体像)がある事に、気付かないよ。

 

こんなお話は、メールマガジンでもしています

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

練習法や講師挨拶文例などの電子書籍

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師

香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。