● 音と音の「間」を読む

 

フレーズの終わり。

どんなにその和音を掴みやすくても、
簡単そうに弾いちゃって、いいかしら?

それで、伝わるかしら?

 

ここはどんな雰囲気なの?

どんな気持ちなの?

 

空気を読む!

それぞれのフレーズがどんな気持ちや
情景なのかを表現するのは、

人との会話で、空気を読むのと同じ事。

 

音と音の「間」を読む。

 

気持ちを大きく持って!

くじけない。あきらめない。

堂々と、お弾きなさい。

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

・香港教室*毎週の定期レッスン
・香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

練習法や講師挨拶文例などの電子書籍

無料メールマガジンのご案内

ピアニストでピアノ講師の荒井千裕が、あなただけにお送りする無料メールマガジンです。

ピアノ練習法・打鍵・体の使い方や精神コントロールについて、ここだけのお役立ち情報をお届けしていますので、是非登録してみてくださいね。

メールアドレス

配信停止は、いつでもできます
迷惑メールは一切配信されませんので、ご安心くださいね

powered by まぐまぐ!
スポンサーリンク