● 弾きにくいなら、ポジションを見直す

 

右手が二声になっています。

 

青い四角で囲ってあるところ。

二つありますが、そのどちらも、
内声の、はじめの2音の打鍵には問題がありません。

しかし、上声の装飾音を入れた後の内声の音、
(一つ目の四角の中の音で言うと、「しみみ」、
 3音目の「し」の事です)

 

これが何故か、時間的に前倒しになったり、
強く音が飛び出たり、してしまいます。

 

 

そんな場合は、ポジションを見直してみましょう。

 

 

内声だけ見れば「しみしみ」と、同じです。

 

ところが、内声の2音目を打鍵した後に
上声の装飾音が入るため、

これを「入れよう!」としてしまいます。

それで、「しみしみ」の
「し」を打鍵している「1」の指が、
上声側へと寄って行ってしまうのです。

 

はじめに「しみ」と打鍵した時のままに
「1」の指=親指を、
 その場所に置いておけばいい。

 

つまり「てのひら」を、
「開いた状態」にしておけば良いのです。

 

 

ワタシの指なのにぃー!
なんで言うこと聞いてくれないのぉお???

 

と思う事、いっぱいありますね。

 

でも、客観的に自分の手・指の動きを見てみると、

あれ?なんで、こんな余計な動きしてるのん?

 と、気付くと思います。

 

なるべく、自分をいろんな角度から
客観視するよう心がけてみたいですね。

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

練習法や講師挨拶文例などの電子書籍

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師

香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。