● 第一音で印象づける方法

 

きっと多くの人が、
印象深く記憶に残ると思われる 
この冒頭。

 

ただのフォルテシモじゃ、ないの。

 

その第一音で惹き付けられなければ、

その後を聴こう、という気になるでしょうか?

 

第一音目で「終わってしまう音」を、出してはならない。

 

 

じゃあ、どうしたら良いのだろう?

 

出だしだよ!

ティンパニが畳み掛けるように、
バトンを渡しにくるんだよ!

 

ちゃんと受け取らなきゃね。

 

 

だから、打鍵する時には、
物凄く重い荷物を持ち上げるように。

 

鍵盤を掴み上げるように。

指先で鍵盤を掴み上げるように。

そして腹。

 

重い荷物を持ち上げようとする時、
自分はどんな状態だろう?

どんな準備をするだろう?
呼吸も、身体そのものも。

 

 

それと、同じだよ。

考えてごらん。

思い出してごらん。

想像力を、創造力を、フルに使おう!

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

練習法や講師挨拶文例などの電子書籍

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師
香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。