● 拍子とニュアンスを考える

 

2分の2拍子です。

2拍子を感じたいけれど、

ファソ ーーー」

  と、杓子定規に弾いてしまっては、面白くない。

音楽的じゃ、ないんじゃないかしら?

 

楽譜には、「デクレッシェンド」の指示があります。

では、音量だけ弱くしていけば、いいのかしら?

 

「ドシファソ」の「ソ」から、次の「ラ」へ受け渡す時に、

ほんの少しの「間合い」を感じられないかしら?
(感じて見ては、どうかしら?)

 

指示として、書くほどのコトではないのかもしれないけれど、

「poco rit.」な、ニュアンスは、どう?

 

そして、「ドシファソ」に続く「ラーーー」の全音符は、

左手もだけれど、打鍵して、終わっちゃわないでね。

 

そのフレーズは、その音で終わるけれど、

打鍵と同時に終わってしまわない。

 

全音符で音が伸びる その分、音は、響きは動いているのだから。

だけど、動作を打鍵した瞬間に止めてしまうと、響きは落っこちて終わってしまうよ。

 

聴いてご覧。

動きを止めてしまったら、どうなるのか?

動きを止めずに、音の響きを動かすようにしたら、実際の響きはどうなるのか?

 

楽譜には、指示はたくさんある。

それを読み取ることは大事だよね。

 

だけど、書かれていないこと、

音と音の「間」を読み取る、感じる、想像することも、大事だと思うよ。

 

  何より、それは面白いことだと思うよ。

 

是非、拍子とニュアンス(間合い・タイミング)を考えてみよう。

きっと、表現の幅が広がるよ。

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

 
荒井千裕 拝
 
 
◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

練習法や講師挨拶文例などの電子書籍

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師
香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。