● 黒鍵の大事な音の打鍵法

 

画像の左手、内声和音の上の、音の動きが大事なメロディ。

だけど、赤丸してある和音の上の音が、聴こえにくいの。

 

どうしてだろう?

 

 

それはね、その音が黒鍵だから、かもしれないよ。

それ以外の和音は、上の音は白鍵だよね。

 

黒鍵の音を聴かせたい時は、
鍵盤の奥深くに指が入って行くように、
強く意識することだよ。

 

 

だけど、跳躍もあるし、右手はアルペジオだし、
気が回りきらないね。

 

その音の打鍵、テヌート気味の打鍵で、
少し踏み留まって(ステイして)あげられると良いね。

でも、跳躍があるから厳しいんだよね。

うん、わかるよ。

 

 

その黒鍵の打鍵は「1の指」(親指)だよね。

親指の指先で掴むのではなくてね、

親指の第1関節を使ってご覧

 

 

このような場合ではなくても、
黒鍵の打鍵はね、

鍵盤に対して指は真っ直ぐではなく、
少し斜めに乗せるといいんだよ。

 

そして、このように

「その音を他よりももっと聴かせたい時」

は、指先から第一関節まで全てを使って、
鍵盤の中に入って行く、という意識で弾いてご覧。

 

 

ほら、出てきたよ♪
よしよし!感覚をつかめたね!

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

練習法や講師挨拶文例などの電子書籍

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師
香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。